建設発生土(残土)受入処分基地のご案内 □ □ □ □ □
   
 


クリックすると拡大画像がご覧になれます。

建設会社・土木工事会社・ダンプトラック運行業者の皆様、貴社の工事の効率アップに一番近い受入基地をお使いください。

  メリット
   
・トラック1台分からでも受入れますので、小さな現場からでもOKです。
・関東で5ヶ所の処分基地がありますので、お近くの処分基地をお選び頂けます。
・残土処分場の土地確保の手間を省けます。
     
  建設発生土(残土)受入処分基地一覧
    下記の基地(岸壁)は各港湾局の許可を取得しています。 又、処分地(主に千葉県)の許可も取得しています。
東京 城南島基地

東京都大田区城南島1番地地先

横浜 磯子基地 神奈川県横浜市磯子区新磯子町27-5
横浜 鈴繁基地 神奈川県横浜市神奈川区鈴繁4番地
川崎 日通基地 神奈川県川崎市川崎区小島町7-1
市川 市川基地 千葉県市川市千鳥町14番地

※早朝から日没まで、原則として日曜以外、土曜・祝日も営業致しております。尚、夜間の場合は別途ご相談ください。

     
  残土券について
   
・事前に前金でのご購入になります。
・残土券は10ton車、4ton車、2ton車があり、1枚から販売いたします。
・ご購入は弊社窓口で行っております。
・お使いにならなかった残土券については弊社窓口にご相談ください。
     
  残土券のご使用方法
   
ご購入いただいた残土券に「御社の社名」と「車両ナンバ」をご記入の上、基地係員に提出ください。
     
  各種証明書のお取り扱い
   
建設発生土(残土)は5000m3毎の土質調査が必要です。
各種証明書が必要な場合は弊社窓口にご相談ください。
     
  残土受入基準
    建設現場からの残土を受け入れています。
○下記の種類を受け入れています。
・各自治体の建設残土基準のもの ・浚渫土砂
・ズリ(破砕岩石) ・脱水固化した無機汚泥
・掘削土砂  

○下記のものはお断りいたしております。
・ガラズ屑 ・産業廃棄物 ・有害物質を含むもの
・異臭のするもの ・ガラ ・木屑
     

詳しくは弊社窓口にご相談ください。

     
  残土の使用方法
   
お客様から納められた残土は、各基地から専用船で許可地へ搬送し、埋め立てます。
     
  建設発生土(残土)受入処分基地についてのお問い合わせ。
    ホームページのお問い合わせ
又は、TEL:03-3764-4131(担当:村ア哲也)
     
   
△上へ戻る△

 
  環境保全設備機器
     
  ごみクレーン(東洋ホイスト株式会社製 )
   

ごみ焼却プラントにはかかせないごみクレーンは、ごみホッパへの供給作業のみでなくごみ収集車より集中的にピット内へ投入されたごみの整理攪拌作業を短時間に行うことが必要です。その性能により焼却能力が左右される非常に重要な設備であり、弊社ではごみの種類、焼却能力により幅広い機種の提供をしております。

納入実績
○石川県奥能登クリーン組合様

     
  焼却灰クレーン(東洋ホイスト株式会社製 )
   

大型ゴミ焼却プラントには、製鉄所内圧延スケールピット用、ガラス原料砂用、バラ穀物用等のバケットクレーンの技術を活用、水切りおよび運搬中の流出防止を考慮した摑み効率のよいバケットを装備したトップランニングタイプから、サスペンション、モノレールに至るまで幅広い機種の提供をしております。
なお、灰搬出のため、専属運転者を必要としない遠隔操作や、完全自動化システムも完成しております。

納入実績
○新潟県佐渡広域市町村圏組合様

     
  ごみ投入装置及びダンピングボックス
   
設置風景

ごみパッカー車両からのごみをごみピットへ投入する装置として設置。全ての材質はステンレス製(SUS304)で、上部開閉ゲート及び、下部開閉ゲートで構成されています。
(ごみ臭気を防ぐため、パッカー車両を感知すると上部ゲートが開き投入後、上部ゲートが閉じると同時に下部ゲートが開きピット内に落下するシステム)

納入実績
○石川県奥能登リサイクルセンター様

    △上へ戻る△
   
    △上へ戻る△